Gradle を完全に理解した人が、何も分からなくなるための第一歩

講演情報

タイトル

Gradle を完全に理解した人が、何も分からなくなるための第一歩

概要

タイトルの元ネタは [ダニング・クルーガー効果] (https://twitter.com/ochame_nako/status/1115270046794653696) です。

本セッションでは、 Gradle 初心者が中級者へと一歩踏み出すために必要になりそうなことをお話ししたいと考えています。

初心者のイメージは、

といったレベル感です。

一方で中級者のイメージは、

といったレベル感です。

私自身、最近ようやく「Gradle 何も分からん」な状態になってきて、中級者になれたかなと思えてきたところです。 + そこで、初心者の頃に私が抱いていた疑問・不明点について解説することで、今現在同じようなことを疑問に思っている Gradle 初心者の方々が、中級者へと一歩踏み出す一助になればと考えています。

私が初心者の頃に抱いていた疑問でお話ししようと考えているのは、次のような内容になります。

これらの疑問への解説を通じて Gradle のタスクの仕組みについてお話しすることで、 Gradle のタスクを自力で作るときの勘所がつかめるようになるかと思います。

注:難易度を「初心者向け」としていますが、完全に初心者の方(全く Gradle を触ったことがない、build.gradle を全く読み書きできない、といったレベルの方)は、申し訳ございませんが想定していません。 + 簡単な読み書きはできるけど、そこから先の発展ができないというレベル感の方を想定しています。

想定している聴講者層

Gradle 中級者になりたい初心者。ただし、完全な初心者(触っていない、build.gradle読めない)ではなく、やや使い始められるようになったぐらいを想定。

カテゴリ

その他

難易度

初級者向け

種類

ステップアップセッション (45分)

言語

日本語

講演者情報

opengl-8080
関東のSIer

Java が母国語な関西在住のSE。