長く続くサービスがモダンであり続けるには

講演情報

タイトル

長く続くサービスがモダンであり続けるには

概要

新しい技術を取り入れた当初はモダンなものであったとしても、それを維持するために常に改善活動をすることはとても大切なことだと思います。
とはいえ、環境によっては人的リソース等の問題で改善活動に手が回らないということもあるのではないでしょうか?
弊社では、Javaのプロダクトを長く運用、開発していく中で新しいものを取り入れながら改善しています。
私のチームが担当しているプロジェクトで取り入れた改善活動(Integration Test(自動テスト)の導入、継続的アップデートの仕組み導入など)を紹介しつつ、その改善活動を取り入れたことによる変化などをお話ししていきます。

想定している聴講者層

改善活動していきたいけど具体的に何をすればいいのかわからない方, そもそも改善活動ってなに?という方

カテゴリ

その他

難易度

初級者向け

種類

一般枠 (45分)

言語

日本語

講演者情報

角田拓己
フリュー株式会社

新卒2年目、Java歴2年目のサーバサイドエンジニア
京都でGirlsをHappyにする仕事をしてます