AngularとSpring Bootで作るSPA + RESTful Web Serviceアプリケーション - 開発ツールやプロジェクト構成も含めて45分で丸わかり -

講演情報

タイトル

AngularとSpring Bootで作るSPA + RESTful Web Serviceアプリケーション - 開発ツールやプロジェクト構成も含めて45分で丸わかり -

概要

現代のシステム開発ではUI/UXが求められます。そのため、Javaエンジニアもサーバーサイドだけでなく、JavaScriptでクライアントサイドも開発しなければならないケースが増えています。
そのようなニーズに応えるために、弊社ではサーバーサイドをSpring Boot、クライアントサイドをAngularで開発する手法を一通り学べる研修パッケージを提供しています。
今回はこの研修のエッセンス(ほんとーにだいじなところ)をギュッっと45分に短縮してお届けします。内容としては、AngularとSpring Bootこれら2つのフレームワークをどう組み合わせていくのか、デプロイはどういう配置になるのか、プロジェクトはどういう管理になるのかなどです。
またチョコッとですがAngularの基礎的な概要なども話しますので、「Angularは明日から!」と考えている方にもオススメです。

想定している聴講者層

Server Side Javaエンジニアの方でこれからクライアントサイドの開発にもチャレンジしたい人

カテゴリ

Server Side Java

難易度

初級者向け

種類

一般枠 (45分)

言語

日本語

講演者情報

菊池 真登
株式会社カサレアル

研修トレーナー。Java SE、Spring

多田 真敏
株式会社カサレアル

研修トレーナー。国内では数少ないPivotal認定講師として、Spring Framework/Microservices/Cloud FoundryのPivotal認定トレーニングを実施中。最近はKubernetes勉強中。日本Springユーザ会スタッフ、OSSのドキュメント翻訳など、プライベートでも色々やってます。